前田真奈美 日々のこと


by manaminii
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アートを巡る旅 3日目の最終日は豊島へ。
b0217204_21181439.jpg
期せずして、豊島が1番印象に残ったかも。
豊島美術館があまりに気に入ってしまったのと、島の人が優しくて。
軽トラに乗ったおじさんがわざわざ車を止めて、どの作品を見に行きたいの?なんて声をかけてくれたり。
観光客同士がすれ違う時に挨拶したりするのも豊島だった。

そんな豊島を巡るのは自転車がおすすめ。
坂道が多いので、電動自転車をね。
普通の自転車を借りて、結局は、坂道は自転車を引いて歩いている人も見かけたりしたし。
b0217204_21185236.jpg
電動自転車って、すごーーーーく楽ちんなんだね!
電動自転車のベンツと言われる(←島のおじさん談)自転車で、ゆるゆる長い坂道を上ってきたのに、飛び跳ねて楽ちんさを現す余裕があるもの(笑)
b0217204_2120104.jpg
そして、飛び跳ねた場所。
逆に坂道を自転車のブレーキ知らずで飛ばして走ってきた時に、目の前にどーんと海が広がって1番気持ちいい場所でした。
(速度落とせって書いてあるけどね(苦笑)
b0217204_2120309.jpg
豊島で行きたい!と思っていた「心臓音のアーカイブ」。
b0217204_21205233.jpg
の途中で寄った「勝者はいない-マルチ・バスケットボール」
この時、友達が投げたボールは…多分、入らなかったかな。

b0217204_21214183.jpg
そして、「心臓音のアーカイブ」。
去年、新潟の大地の芸術祭で、ある作品の「心臓音の鼓動」に触れてから、「心臓音って心地いい」って好きになって。
そこで、世界中の心臓音の鼓動が聞けるというボルタインスキーの「心臓音のアーカイブ」に行ってみたい!と。
…ここで去年の blogを読み返してみたら、心臓音が好きになったきっかけの作品は、同じくボルタインスキーの作品だった!

鼓動ってきっと好みのリズムがあるんだなぁ。
この時、「ハートルーム」に流れていた心臓音は好みじゃなかった(笑)
PCから人々の心臓音が聞ける「リスニングルーム」もあって。
そして、私は「レコーディングルーム」で心臓音を採録してきました。
※別途料金がかかります。

あんなに自分の心臓音が聞けるって、面白かった!
ただし、ビールを飲んだ後だったから、自転車を漕いだ後だったからか、思ったよりも鼓動のリズムが早かったのが本意ではないが(笑)

私の心臓音、世界で36910番目、豊島では11944番目の心臓音だと思われます。
あら?87060という番号を見つけた。世界で87060番目の心臓音かな?
b0217204_2124450.jpg
このCDには、私の心臓音が。
どくんどくん。

b0217204_21293029.jpg
「島キッチン」で食事をしたり。
b0217204_21294935.jpg
蔵の中に映像と音楽が流れている「あなたの最初の色<私の頭の中の解-私の胃の中の溶液>」
b0217204_2130684.jpg
「空の粒子」
b0217204_21302529.jpg
の近くには、残したい香川の水環境50選に選ばれているらしい唐櫃の清水「清水霊水」があったり。

古い家屋の中で、稲光や雷鳴、停電を体験できる「ストーム・ハウス」とか。

b0217204_21304522.jpg
そして、豊島で1番よかった「豊島美術館」
ここは、入ってみないと、なんとももう。

この中では、静かで心地良い時間が流れています。
床からすこーしずつ湧き出る水が床を転がって「泉」になっていく様を、風を感じながら過ごす空間。
説明しようとすればするほど、きっと伝わらない。

この美術館に入る際に、時間によって見え方の違う作品なので、再入場が可能です。チケットをなくさないよう。というような説明があったんだけど、入ってみると、すごく納得。
時間帯を変えてまた味わってみたい作品。
b0217204_21313041.jpg
船を待つ間に、とあるお宅で冷たいお抹茶を頂いて、島のおばさんとお話し。

島の方も豊島美術館に行くのかな?と思って、島の方は、豊島美術館とか島の施設に割引で入れるとかあるんですか?って聞いてみたら、島の方は、無料で施設に入れるんですって。
そのおばさんも「悩みがあると、豊島美術館に行って時間を過ごす」とか冗談半分に言っていたけど、ほんと豊島美術館よかった。
と、おばさんに「豊島横尾館には行った?」と聞かれたけど、時間の関係で周れず。
横尾忠則さんの美術館。
ここもおすすめだそうです。
おばさん入ってみたけど、原色のお手洗いが落ち着かなくて。だったかな、とにかくおばさんの話の中で「横尾美術館はおすすめだけど、お手洗いは落ち着かない」だけが私の中に残っている(笑)
b0217204_21334084.jpg
そんなこんなで、島の人達の優しさにも触れた旅。
また行きたいな瀬戸内。

b0217204_21344696.jpg
おまけ。
帰りの飛行機から、富士山の山頂がちょこっと見えました。

あっ、もう少しおまけ。
島の移動に利用する船。
乗船券買って安心と思っていても、別に整理券が必要な場合があるので、整理券が必要かどうかを確認した方がいいかも。
整理券を持っている人から乗船して、席が埋まってしまうと乗船できない場合も。

豊島美術館も、開館と同時に入るなら別でしょうけど、行ってみたら整理券を配られたので、先に整理券をもらってから、近くの作品を見た方がいいかも。
[PR]
# by manaminii | 2013-09-08 21:40
2日目の午後は、小豆島に戻って、レンタカーで島巡り。
b0217204_236183.jpg
向かったのは、ビートたけしさん×ヤノベケンジさんの「ANGER from the Bottom」
井戸から常に出ているものかと思ったら、1時間に1回だったかな、口からお水を出しながら、ゴーッと出てきてゴーッと姿を消すという動く作品でした。
動き出す時間がある事を知らずに行ったので、しばし待つ事に。
b0217204_2361656.jpg
ここが、「二十四の瞳」の舞台になった島なのね。とか思いながら、海を眺めてましたけど。
b0217204_2363378.jpg
「ANGER…」から近いところにある、ヤノベケンジさんの「スター・アンガー」
真っ青な空に光り物。
b0217204_237566.jpg
水辺はいいなぁって、ふらふら歩いて、
b0217204_2372557.jpg
振り返ってみたら、「スター・アンガー」の全体はこんな感じ。
フェリー発着所でもあるので、それなりに賑やか。
b0217204_23101455.jpg
次の作品へ移動中に、マルキン醤油に寄ってお醤油アイス。
b0217204_23103442.jpg
お醤油の味?感じないね。
b0217204_2311919.jpg
次に向かったのは某雑誌の表紙にもなっていた「花寿波島の秘密」
上からの写真NGなので、これだと何だかわからないと思うけど…
全体が写真になると素敵な作品だと思う。
b0217204_2313336.jpg
更に移動して、中山千枚田の中にある棚田カフェ「こまめ食堂」
紫蘇ジュースでさっぱり。
小豆島ラーメン「醤そば」を食べた後で、カフェでは水分しかとれなかった)
b0217204_23134387.jpg
棚田近くにある「小豆島の光」
b0217204_23142314.jpg
中に入ることも出来る作品なんだけど、17:00までで入るタイミングを逃しちゃった。
b0217204_23144899.jpg
外から中を覗き見。

b0217204_23192660.jpg
そして、棚田。
全体が綺麗に見られるポイントがきっとあるに違いない。
b0217204_23194497.jpg
と見まわしてたら、「天皇皇后両陛下 中山千枚田御視察地」
そこに行ってみようとしたら、近くにいたおじさんが、お二人がいらした時に応対された方のようで、その時のお二人の御様子など聞かせてくれました。
b0217204_2324585.jpg
私、棚田は、輪島の「白米千枚田」と、岐阜でも見たっけ?かな?
b0217204_23273336.jpg
ここの中山千枚田も素晴らしい棚田だね!

棚田から戻ったら、さっきのおじさんが「中山農村歌舞伎舞台」の歌舞伎役者さんらしくて、舞台を見せてくれようと待っていてくれたので、歌舞伎舞台の裏側、舞台上まで案内して頂く。
b0217204_23303321.jpg
舞台は締められていたけど、小窓から外を覗いてみたらこんな感じ。
ここが観客席になっているんだね。
後ろには神社(?)も見えて、豊作を願う舞台なんだなぁというのを、改めて感じる。

島の施設は閉まってしまう時間が早いので、見られたのはここまで。

b0217204_23332541.jpg

b0217204_23315856.jpg
ホテルに戻って、ただただ空を眺める。
b0217204_23321813.jpg
エンジェルロードの先まで行ってみたら、ハートの絵馬(?)が沢山。
b0217204_23325410.jpg
実は、ハートの先は男性3人組だったんだけど、雰囲気写真撮りたいから、ちょっとどいてーー!と声をかける訳にもいかず、2人になるようなところまで待ったのは秘密(笑)
b0217204_23335348.jpg
1番星見つけた。
な夜の始まりだったけど、私、この日は部屋に戻ったら、即寝。
友達2人が、次の日のフェリーの時間を調べてくれてました。

小豆島、もっと見たい作品もあったの。
大きな島だし、1日、時間をかけた方がいいかもね。
[PR]
# by manaminii | 2013-08-31 23:56
2日目の午前中は、小豆島の土庄港から犬島へ。
b0217204_2365545.jpg
土庄港には、オリーブの木が沢山の小豆島なので、オリーブの葉で組んだ王冠「太陽の贈り物」
b0217204_2375295.jpg
近づいてみたら、葉の1枚1枚に海に対するメッセージが刻まれていました。

そして、犬島で見たかった作品。
b0217204_2310170.jpg
「コンタクトレンズ」
b0217204_23104544.jpg

b0217204_2311189.jpg
透明で光が感じられるような作品、好き。

b0217204_23143930.jpg
「コンタクトレンズ」と同じ作家さんの「リフレクトゥ」
きれいよね~。
b0217204_23145318.jpg
この椅子に座ると、華やかな色の造花にぐるりと囲まれます。

b0217204_2319550.jpg
これ、偶然、制作途中を何かの番組で見てた!
「Biota(Fauna/Flora)」
真ん中に光が当てられていて、ここにエネルギーがぎゅぎゅっと集められている印象。

他にも映像作品「The Master and the Slave:Inujima Monogatari」を見たり。

b0217204_2319343.jpg

b0217204_23231554.jpg
「石職人の家跡」
b0217204_23233456.jpg
の前には、無造作にウサギ椅子が置かれてる。

b0217204_23255962.jpg
「中の谷東屋」
「ラビットチェア」と共にこれも作品。
声や音が反響する、ちょっと面白い休憩所でした。

b0217204_23282260.jpg
そして、犬島精錬所美術館へ。
b0217204_23285610.jpg
ここはまさに、「遺産、建築、アート環境」
b0217204_23302699.jpg
美術館の中を歩くの楽しい~♪
中は撮影NGなので説明しづらいんだけど、45度の角度で設置された9枚の鏡。
これが面白さの秘密。
ただ前を見て歩いてても、なんだか不思議楽しいんだけど、鏡が終わる頃に後ろを振り返るのを忘れずに!
えーーーっ!って驚く事があるから。
b0217204_2331177.jpg
この美術館のカフェで、観光客を相手にずーっとおしゃべりしていたおばあちゃん。
美術館のエコな作りの話とか延々していたけど。
これだけ説明できるってすごいなーって聞き耳立ててたんだけど(「45度の角度で設置された9枚の鏡」の話もこの時仕入れた情報(笑))、島民の方々は、これまでの静かな生活の中に、観光客が多く来るようになってどう感じているんだろ?と思ったりもしたけど、このおばあちゃんみたいに、誰かとおしゃべりするのを楽しみにしてるって方もいるのかもね。

b0217204_23325839.jpg
犬島は小さな島なので、徒歩で周りきれちゃいました。
b0217204_23364868.jpg

おまけ
なんだか石垣が目について。
やっぱり作品以外の場所は、ひっそり。
[PR]
# by manaminii | 2013-08-28 23:43