前田真奈美 日々のこと


by manaminii
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
去年、あまりに楽しかった大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012
2013年に、3年に1度の「瀬戸内国際芸術祭」が開催されると知って、行きたい!と思っていたんですよね。
そこで、夏休みを利用して2泊3日の瀬戸内へ!
b0217204_2205195.jpg
今回もパスポートは勿論、公式ガイドブックも用意して楽しむ気満々♪

私、四国初上陸。
高松空港は、生憎の雨。
b0217204_2211147.jpg
高松空港のガラスってなかなかおしゃれ。
と、この時は知らずに写真撮ってたけど、下の方に描かれている絵も作品だったのかな?
帰りに小さく作品名が書いてあるようなのが見えたけど。
b0217204_2212648.jpg
高松港に移動するバスから見かけた百十四銀行 本店。
なんだか素敵。
b0217204_2214613.jpg
そして、いざ、高松港から直島 宮浦港へ。
b0217204_222728.jpg
宮浦港に着くとすぐに、草間彌生さんの「赤かぼちゃ」。
b0217204_2222236.jpg
作品と遊んでみたり。

b0217204_2224684.jpg

b0217204_223830.jpg
直島と言ったら、言わずと知れた直島銭湯「I LOVE 湯」
b0217204_2233182.jpg
外壁のタイルの綺麗さに満足しちゃったし、中は人が多そうだったから入らなかったけど、後から友達に「中にも入るべき!」と勧められた…が、時すでに遅し。
b0217204_2241152.jpg
ここのタイル、好き。
b0217204_2244978.jpg
作品とは離れた道に目を向けると、ひっそり。

宮浦からベネッセハウスミュージアムに移動して、ミュージアム内を楽しむ(中は撮影NG)。
砂で作られた、蟻の巣でつながっている各国の国旗とか面白かったなぁ。
b0217204_2251783.jpg
いつかベネッセハウスに泊まってのんびり楽しみたいな。地中美術館も。
の思いを抱いて、ベネッセミュージアムの前の海を眺める。
b0217204_2255224.jpg
着いた港とは反対の、本村港に移動する為の「つばき荘」バス停裏の海。
少し離れたところに、草間彌生さんの「南瓜」もありました。

本村エリアでは、家プロジェクトの「角屋」を見たり。

b0217204_2295895.jpg
指定された作品ではなさそうだったけど、塀の上に「空き缶アート」
b0217204_22101750.jpg
壁に緑の線で描かれた女性もアートの一種かな?
b0217204_22105031.jpg
本村港で、早めに船を待っていたら、安藤忠雄さんが目の前を通り過ぎて(!)、この海上タクシーに乗ってどこかへ。
b0217204_22111636.jpg
そして私達は、この船に乗って小豆島へ。
ささっと船に乗った人がささっと席を決めて、何やら座席の背もたれを撮ってる。
なんだろ?と思ったら、ビートたけしさんが座った席だったようでサインが。
下調べ十分なのね~。
私達はと言えば、飛行機の中でざっくり移動順を決めたくらいなのに(笑)

b0217204_22115199.jpg
小豆島で宿泊するホテルの前には、干潮時に道があらわれるというエンジェルロードがあって、ここ、朝日が綺麗な所でもあるらしかったので、エンジェルロードの朝の散歩を楽しみにしていたんだけど。
結果から言うと、この後2日間とも午前中は雨で、朝日の中の散歩は叶わずでした。
ざーんねん。
b0217204_22153440.jpg
そうそう、ホテルで「海ホタルを見よう」みたいなイベントがあって、ホテルの方が案内してくれた海辺に行ったら、初海ホタル!
手の平に乗せてみた。
硬くて、大きさといい米粒みたいで、生きてるの?
でも青い光を発してる。
不思議。

この日、直島では火祭りがあって、海上で花火があげられたそうで。
花火の音を聞きながら、おしゃべりしながら、アートを楽しむ旅 1日目の夜は更けていきましたとさ。
[PR]
# by manaminii | 2013-08-27 22:28

2012年

2012年も残すところ1日。
明日が仕事納めだから、まだ少しだけ気が張っている感があって、いまいち年末という感じがしない。かな。

ベッドサイドに置いておく本が1冊増えた。
「禅語」
b0217204_21202111.jpg
表紙の写真と、石井ゆかりさんが文を書いているという事で、心惹かれた本。
石井ゆかりさんの言葉の使い方が好き。

父の実家がお寺だけど、禅とかなーんにも知らなくて。
ここにきて、まさかこういう本と出会うことになろうとは。
耳にする言葉だけど、こんな意味があったんだ。とか、美しい写真と共に心が静かになる1冊。

そして、今年は、色々と自分の中でもがくことが多くて。
そんな時に、道端ジェシカさんの帯に惹かれて買った本。
(帯の効果ってすごいね!)
b0217204_21204154.jpg
んー、どうかな。
書いてある事、消化できたかな?(苦笑)って感じもあるけど。

他にも、ふと目についた本から「今まで、こんなに自分と向き合った事がない」っていうくらいに、自分の内面と向き合う時間をもった1年でした。
今もまだ、じたばたしながら向き合っている最中だけどね。
たはは。成長しきれない。

そうだ!
この前、友達が貸してくれた本。
今、読んでいる最中だけど「嬉しいことを見つける遊び」だね。
ありがとう!
彼女の心遣いに感謝。

そういえば、今年も沢山の新しい出会いがあったな。
ちょっとした集まりに誘ってもらえた事がきっかけで、そこから沢山の人に出会えた事にも、ありがとう。
ずーっとずーっとの友達にも、心からありがとう。
そして今年、色々なところに連れて行ってくれて、色々なものを見せて感じさせてくれた人にも、心からありがとう。
b0217204_21205811.jpg

[PR]
# by manaminii | 2012-12-30 21:33

スカイツリー登頂記

23日~25日、スカイツリーのライティングは時間に寄ってキャンドリツリーにかわるみたいですね。
b0217204_2352134.jpg
という訳でお気に入りの場所からキャンドルツリー鑑賞。

ここに行く前に、友達の「中の赤が濃くなったり薄くなったりして、鼓動しているみたい」ってつぶやきを読んでいなかったら、どう感じていたかわからないけど、遠目からでもその「鼓動」がわかる一定間隔の赤の濃淡。
なんかねー、ゆっくり血が流れているような感じで、ツリーが生きているみたいに見えてきちゃったよ。

18:59にツリーのライティングが消えた!
b0217204_2353495.jpg
と思ったら、徐々に「ホワイトツリー」が姿を現しました。

キャンドリツリーの時間帯が特にそう感じたんだけど、ヘリコプターで空中散歩を楽しんでいる人がいるのか飛行物体が多かったなー。

そんないつも眺めているだけだったスカイツリーに、1週間前、行き当たりばったりで登ってきました!

b0217204_2355384.jpg
スカイツリーに登ろうとはこれっぽっちも思わず、芸大の環境アートプロジェクトの1つ、Reflectscapeでスカイツリーに向かってる感じの写真を撮って遊びたい!で、近くまで行ったんだけど。

b0217204_236898.jpg
他のアートも探してみたけどたどり着けずで、なんとなくソラマチの方に行ってみたら「当日券購入整理券配布」の声に「もらっておく?」と、チケット購入の権利獲得!
ちなみに、この時15:30位。
そしてこの日の整理券の配布は18:40頃に終わったようでしたよ。

時間になって、いざスカイツリーへ!

b0217204_2362793.jpg
ホールにはスカイツリーのアートオブジェが何体か。

四季のエレベーターがあるようで、私達は「春」のエレベーターで展望デッキへ。
b0217204_2394282.jpg
このエレベーターが動いてるんだかなんだかなーんにも感じないエレベーターで。
(行きは気圧の変化もほとんど感じなかった、帰りはちょっとね)

ドアの上の表示の分速600m!!に驚いている内に到着した様子。
ドアが開くと、とーっても綺麗な夜景が目の前に広がります!

b0217204_23102171.jpg
浅草。
b0217204_23104827.jpg
隅田川。
b0217204_23112313.jpg
東京タワー。
b0217204_23115087.jpg
ゲートブリッジ。
b0217204_23121255.jpg
家の方。は、見てみたくなるよね。

b0217204_2312334.jpg
ガラス床もそんなに怖くなった。
東京タワーのガラス床に方が、足元からぞわぞわくる感じ。

そういえば、高いところがあまり得意ではないという友達も、別の友達も「東京タワーより怖さを感じない」って言ってたけど、それって何ででしょ?
高さで行ったらスカイツリーの方が高いのにね?

景色が素晴らしのは勿論のことだけど、あのエレベーターに乗ってみて欲しい!
動いてる感がないエレベーターに、乗ってみて欲しい!っていうのもヘンだけどね(笑)

この日は、展望デッキの上の展望回廊までは行かなかったので、またいつか、今度は展望回廊まで行きたいな。
[PR]
# by manaminii | 2012-12-24 23:17